えっ?ホントはクリアポロンが首イボに効かないの?首やデコルテにあるザラザラやイボの改善するという口コミは悪い?実際に買って試して評価・レビューしました!

【詐欺!】クリアポロンは首イボに効果ない?悪い口コミばっかりって本当なの?!

首イボ 治療法

首いぼ自然に取れた?!化膿の心配は?適切な対応で綺麗に治そう!

更新日:

 

「いつの間にか首元にあったポツポツが消えていた・・・!」

 

そんな経験はありませんか?

気になっていたポツポツが解消されたのは嬉しいものの、そのままで良いのか心配になりますよね。

もしも消えた部位が化膿したり跡が残ってはひとたまりもありません。

そこで今回は、首イボが取れたときの対処法やそのままにしておいても問題ないのかどうかについて調べてみました。

ぜひ参考にしてください。

 

首イボとは?

イボは小さなポツポツが特徴の良性腫瘍の一種で、ウイルス性と非ウイルス性に分けられます。

水イボや首イボ、老人性イボなど様々な種類がありますが、中でも首イボと老人性イボは30代以降の方に多く見られます。

どちらも加齢による皮膚の老化が原因です。

例えば下記のような種類があります。

 

  • アクロコルドン
  • スキンタッグ
  • 軟性線維腫

 

良性腫瘍なので放っておいても害はありませんが、中にはイボが大きくなったり広がるものもあるため注意が必要です。

イボがあるだけで老けて見えてしまいますので、できれば皮膚科での治療や自宅でのケアを行うことをおすすめします。

 

首イボは自然に取れても大丈夫!

首イボがいきなり消えるとびっくりしますよね。

 

「治療やケアをしているわけでもないのにどうして?」

 

と不思議に思う方もいることでしょう。

なぜ自然に首イボが取れるのかと言うと、多くの場合は肌環境の改善や新陳代謝の向上によるものです。

肌環境が改善したことでターンオーバーが正常化し、首イボが取れたと考えられます。

なお、上記の理由で首イボが改善するのは非ウイルス性のイボに限ります。

ウイルス性のイボは体内のウイルスが死滅しない限り完治することはありません。

 

首イボが取れた後の処置方法について

首イボが取れた後は適切なケアを行って首イボの再発を防ぐことが大切です。

まず、首イボが取れたらすぐに絆創膏を貼りましょう。

特にウイルス性のイボは他の部位や周りの人に感染するので気をつけてください。

ウイルス性なのか非ウイルス性なのかが分からないときは患部を絆創膏で覆った状態で皮膚科を受診してください。

非ウイルス性の場合は、しばらく絆創膏を貼ったままにしておきましょう。

 

「外出するときに絆創膏が気になる・・・」

 

という方は透明タイプの絆創膏を貼るか、保湿クリームでしっかりと保湿をしてください。

イボが取れてから肌が再生するまでにはある程度時間がかかりますので、しっかりと保湿をしないとすぐにイボが再発してしまいます。

また、患部への刺激は再発の要因となるため、ハイネックのセーターやネックレス、マフラーなどは避けるようにしましょう。

できるだけデコルテの開いた洋服を選んでください。

 

もし化膿してしまったら

万が一化膿してしまったときは、まずイソジンやオキシドールなどの殺菌薬を綿棒に浸して患部に塗ってください。

※殺菌薬はドラッグストアや薬局で購入できます。

そしてその上から軟膏を塗りましょう。

 

軟膏を塗るときは手が患部に触れないように気を付けてください。

軽度の化膿であればこれだけで症状が緩和します。

ただし、明らかに重度の化膿である場合や症状が改善しないときはすぐに病院を受診しましょう。

なお、ウイルス性のイボは上記の手当てはおすすめできません。

なぜならウイルスが拡散してご家庭や学校で感染が拡大する可能性があるからです。

ウイルス性のイボが化膿したときはすぐに病院で処置を受けてください。

 

自分でイボを取るのは厳禁!

インターネットで首イボの治し方を検索すると

 

  • ピンセットで除去する
  • ドライアイスや線香を用いて取り除く

 

といった内容の記事が多数ヒットします。

しかし、これは絶対にNGです!

イボを取り除くのは外科的治療になるため一般人ができるものではありませんし、成人でも耐え難い痛みを伴いますので危険です。

誤った情報を鵜呑みにして自分で処置を行うと、跡が残ったりイボが悪化する可能性が高まってしまいます。

自然に取れたものであれば問題はありませんが、自らイボを取り除くのはやめてください。

どうしても早期にイボを取り除く必要がある方は病院でレーザー蒸散や液体窒素を用いた除去手術を受けましょう。

 

どの程度のイボなら放置しても大丈夫?

そのままにしていいのか病院に行ったほうが良いのか悩みますよね。

そんなときは首イボの大きさで判断しましょう。

小さな首イボであれば肌環境の悪化や基礎代謝の低下が原因であることがほとんどなので、病院を受診する必要はありません。

なぜなら時間の経過とともに自然治癒することが多いからです。

 

ただし、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)や扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)などのウイルス性のイボの場合は病院で治療を受ける必要があります。

尋常性疣贅の見た目は皮膚が盛り上がってゴツゴツしており、扁平疣贅は平べったいイボで一度にたくさんできるのが特徴です。

どちらもウイルス感染が原因なので周りに感染が拡大する危険性があります。

ウイルス性のイボと特徴が似ていたらすぐに病院を受診してください。

 

まとめ

自然に取れた首イボは非ウイルス性の場合はそのままでも大丈夫です。

ただし患部は非常に敏感になっている状態なのでしっかりと保湿などのケアを行いましょう。

また、ウイルス性のイボの場合は傷口からウイルスが拡散する可能性があるため病院を受診することをおすすめします。

ウイルス性かどうか分からない方は医師に相談すると安心ですよ。

首イボが取れたときは適切なケア・判断を行ってイボの再発を防ぐことが大切です。

 

*お手軽に首のイボを無くせる首イボ改善クリームランキングをチェックしてみよう!クリアポロンは何位?

ランキング
人気の首イボ改善クリームランキングTOP5!

首イボは美観を損ねますし、自分で触ってもザラザラしてとても気になりますね。 誰にも言えず、スカーフで首を隠して密かに悩ん ...

続きを見る

-首イボ, 治療法

Copyright© 【詐欺!】クリアポロンは首イボに効果ない?悪い口コミばっかりって本当なの?! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.