えっ?ホントはクリアポロンが首イボに効かないの?首やデコルテにあるザラザラやイボの改善するという口コミは悪い?実際に買って試して評価・レビューしました!

【詐欺!】クリアポロンは首イボに効果ない?悪い口コミばっかりって本当なの?!

首イボ 成分 尿素 グリセリン

首イボに手作り化粧水を!尿素とグリセリンが効く?作り方や効果について

更新日:

通販サイトでは色々な首イボ専用化粧品が販売されています。

どのメーカーの商品も首イボに効果的な成分を独自に配合していますが、中にはアルコールや添加物が含まれているものもあります。

できれば肌に優しい成分だけが配合されている化粧品を使いたいですよね。

そこでおすすめしたいのが手作りの化粧水です。

化粧水は買うのが当たり前だと思っているかもしれませんが、首イボに効果的な成分を混ぜることで誰でも簡単に肌に優しい化粧水を作ることができます。

今回はそんな手作り化粧水の作り方をご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

首イボ専用の化粧水には尿素とグリセリンを

化粧水を手作りするときのポイントは尿素とグリセリンを加えることです。

尿素は角質を柔らかくする効果があるので肌表面の古い角質を剥がれやすくしてくれます。

そして尿素と同様にグリセリンにも角質を柔らかくする効果があります。

 

さらに保湿力にも優れているので肌を乾燥から守って潤いをキープしてくれます。

余計な成分や添加物は一切配合されていないので敏感肌の方でも安心して使えますよ。

この2つの成分を混ぜて化粧水を作る方法はテレビ番組でも紹介されたことがあるので、ご存知の方もいるかもしれません。

ちなみに美肌水という名前で紹介されました。

 

尿素は保湿力があり新陳代謝を助ける

尿素は有機化合物の一種で、医療機関でも外用薬として処方されている有名な成分です。

化粧品には化学合成された成分が配合されていますが、実は尿素は肌表面の角質層にも存在しています。

保湿力や角質を柔らかくする作用に優れているので乾燥肌の方やターンオーバーが乱れている方には欠かせません。

なお、尿素は水に馴染みやすいので保湿力が持続しやすい特徴を持っています。

 

肌表面で水分を保ち潤いを閉じ込める

『肌の保湿=肌に潤いを与えること』

 

だと考えている方は多いと思います。

確かに間違いではありませんが、実は肌の保湿成分には”表皮””真皮”の2種類があります。

まず、表皮とは肌を外部の刺激から守るためのバリア機能のことです。

表皮が正常に働くことで肌の水分の蒸発が抑制されて潤いが維持されます。

 

一方で、真皮は表皮の内側にある組織で肌の大部分を占めているものです。

約2ミリほどの厚さがあり、この中に肌に必要な水分をため込む役割を担っています。

リンパ管や汗腺、血管が通っているのもこの真皮の部分です。

そして尿素は表皮の表面に膜を張ります。

尿素が肌を覆うことでバリア機能の低下が抑制され、肌を乾燥などのトラブルから守ってくれるのです。

乾燥は肌トラブルや首イボの原因のひとつでもあるので、乾燥を改善・予防することが首イボの予防にもつながります。

 

古い角質を除去してターンオーバーを促す

古い角質が除去されるとターンオーバーが正常化して肌の再生が促進されます。

逆にそのままにしておくと溜まった角質が硬くなって首イボの原因になりかねません。

そこで尿素の出番です。

先ほどもご紹介したように尿素には角質を柔らかくする効果がありますが、それは尿素の溶解作用によるものです。

角質の原因であるケラチンというタンパク質が尿素によって分解されることで、角質が柔らかくなって剝がれ落ちやすくなるのです。

したがって、古い角質を除去することは首イボの予防にもつながると考えられます。

 

グリセリンは水に馴染んで保湿力を高めてくれる

グリセリンは保湿剤の一種でアルコールに分類されます。

アルコールは肌に刺激を与える可能性があるため

 

「肌に悪影響を及ぼすのでは?」

 

と心配の声が挙がっていますが、グリセリンは大丈夫です。

というのも、グリセリンは水に非常に溶けやすい性質を持っており、柔軟剤や食品、化粧品など私たちの身近にある様々な商品に使用されています。

もちろん毒性や副作用の危険性もほとんどありません。

さらに、保湿力が高く肌の水分保持のサポートもしてくれるので首イボのケアにも効果が期待できます。

肌の水分と油分のバランスが整えば、角質の詰まりや肌トラブルの解消にもつながりますよ。

 

尿素とグリセリンの購入は薬剤師に相談を

尿素とグリセリンは薬局やドラッグストア、ホームセンター、通販などで購入できます。

ただしどちらも化粧水に使うものなので、できれば薬剤師の常駐しているお店を選ぶようにしましょう。

ちなみに尿素は第二類医薬品、グリセリンは危険物第4類の第3石油類に指定されていますが誰でも購入できます。

特に証明書や手続きは必要ないのでそのままレジに持っていきましょう。

どのお店でもほかの商品と同様に店頭に並んでいるはずです。

 

園芸用の尿素は購入するべからず!

尿素やグリセリンは健康食品コーナーの近くに置いてあるのが普通ですが、ホームセンターでは園芸用に尿素を取り扱っていることがあります。

そのため店員さんに場所を尋ねると園芸用コーナーに案内されることもしばしば。

(私も実際に誘導されたことがあります。笑)

しかし、園芸用と化粧水用の尿素は純度が違うので園芸用の尿素は購入しないでください。

店員さんに尋ねるときは

 

「肌に使える尿素は取り扱っていますか?」

 

と聞くと良いですよ。

そして尿素を見つけたら必ず純度を確認してください。

できれば純度100%のものがベストです。

 

グリセリンは純度80%以上のものを選ぼう

グリセリンは多くの保湿化粧水に配合されている成分です。

大きく分けて合成グリセリンと天然由来のグリセリンに分類されますが、化粧品に使用されているのは天然由来のものがほとんどです。

名前だけを見ると天然由来のグリセリンのほうが何となく肌に良さそうなイメージですが、実は純度だけを見ると合成グリセリンのほうがはるかに高いです。

そして医療現場では必ず純度の高い合成グリセリンが使用されています。

 

ただし、だからと言って天然由来のグリセリンの純度が低いというわけではありません。

化粧水に使う場合は純度は80%を超えていれば十分です。

※医療機関では純度95%以上のものが使用されています。

純度が高い=不純物が少ないことになるので、純度の高さに比例して値段も高騰します。

ちなみに純度80%程度であれば薬局で1,000円程度で手に入りますので安心してくださいね。

 

意外と簡単!美肌水の原液の作り方

「化粧水を作るのって難しいんじゃないの?」

 

誰しもがそう思うことでしょう。

しかし美肌水は意外と簡単に作ることができるんです。

ここでは美肌水の作り方をご紹介していきます。

どの材料もドラッグストアや薬局で手に入るのでぜひ作ってみてくださいね。

 

【材料】

  • 尿素 50g
  • グリセリン 小さじ1
  • 精製水 200ml

 

【作り方】

  1. 清潔な容器に尿素と精製水を加える
  2. 蓋をして密閉し、尿素が溶けて透明になるまで容器をしっかりと振る
  3. 最後にグリセリンを加えてもう一度よく振る

 

美肌水は上記で紹介した原液を10倍に薄めて使用します。

薄めるときは精製水を使ってください。

水道水は絶対にダメというわけではありませんが、カルキなどの成分が含まれているのでおすすめできません。

また、アロマエッセンスや精油を加えて香りを楽しむこともできます。

香りにはリラックス効果があるので自律神経やホルモンバランスを整える作用が期待できます。

作用についてはそれぞれの香りごとに特徴があるため、気になる香りがある方はぜひ効能を調べてみてくださいね。

 

おすすめの美肌水アレンジ

先ほどご紹介したのは基本的な美肌水の原液の作り方です。

これを少し工夫するだけで様々な効果・効能をプラスすることができます。

首イボの予防・ケアだけであれば原液の作り方で十分ですが、より効果を得たい方はこれからご紹介するアレンジを試してみてください。

 

ゼラニウムを加えてアンチエイジング効果をプラス
ゼラニウムはフローラルな香りが特徴の精油です。

芳香成分が強いので香りによるリラックス効果が得られます。

さらにシワやシミを防いで皮脂の分泌のバランスも整えてくれます。

 

乾燥肌でも脂性肌でも使えるので肌質に関係なく使用することができます。

原液に混ぜるときは1~2滴加えてください。

最初からたくさん加えると香りが強く出てしまう可能性があるため、少量ずつ加えてくださいね。

 

ヒアルロン酸を加えて保湿力をアップ

原液に使っている尿素やグリセリンはどちらも高い保湿力を持っていますが、に保湿力に優れているのがヒアルロン酸です。

肌の水分を維持して潤いを与えてくれるので乾燥肌の方におすすめです。

ヒアルロン酸を加えるときは、下記の分量を参考にしてください。

 

【原液との按分(10倍の場合)】

 

  • 美肌水の原液・・・20ml
  • ヒアルロン酸の原液・・・1滴
  • 精製水・・・200ml

 

上記の分量を容器に入れてしっかりと振ったら完成です。

なお、ヒアルロン酸は純度の高いものを選んでください。

 

尿素の代わりになる成分はあるの?

尿素の代わりになる成分はあります!

それが”にがり”と呼ばれるものです。

にがりには60種類もの海洋ミネラルが含まれており、美肌・美髪効果が得られることで知られています。

保湿効果に優れているので肌の潤いをキープして角質を柔らかく保ってくれます。

低刺激なので敏感肌の方は尿素の代わりに”にがり”を加えると良いですよ。

 

ただし、にがりは商品によってミネラルの濃度が全然違いますので原液を作るときは注意が必要です。

ミネラルの主成分はマグネシウムですが、例えばマグネシウムの含有量がゼロと10とでは加える量が異なります。

同じ”にがり”でも成分表示をしっかりと確認してください。

 

手作りの化粧水を使うときの注意点

美肌水に必要な材料は薬局やドラッグストアで簡単に手に入ります。

誰でも簡単に作れるのが魅力的なのですが、原液を使う際にはいくつか注意が必要です。

 

刺激を感じたら使用を中止して!

美肌水に使用する尿素にはタンパク質を分解する作用があります。

角質の約70%はタンパク質でできているので、タンパク質が分解されるということは角質が溶けて柔らかくなるということになります。

そのため肌表面に古い角質が溜まっている場合は効果的なのですが、逆に古い角質のないキレイな肌の場合は必要な角質まで溶かしてしまう可能性があります。

必要な角質が剝がれ落ちると肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を感じやすくなってしまいます。

肌トラブルの原因になることもあるため、刺激を感じたら一旦使用を中断して様子を見てみてください。

 

美肌水は必ず原液を薄めて使う

どれだけ角質が溜まっているとしても、美肌水の原液をそのまま使うのは厳禁です。

原液は成分が強すぎるのでそのまま使うと肌に大きな刺激を与えてしまいます。

赤みや蕁麻疹、ヒリヒリとした痛みを伴うこともありますので最低でも10倍以上に薄めて使ってください。

また、首は顔よりも皮膚が薄いので首に使う際は15倍程度に薄めたほうが良いかもしれません。

肌質によって刺激の度合いが異なりますので少しずつ調整しながら自分に合った量を見つけましょう。

 

手作り化粧水は2週間を目安に使い切ろう

美肌水には防腐剤やアルコールなどの余計な添加物が一切入っていないため長期保存には向いていません。

原液は濃度が高いため冷蔵保存であれば半年ほどは持ちますが、できれば3~4か月以内に使い切るようにしてください。

そして原液を薄めて作った美肌水については、濃度が低いので長くても2週間以内に使い切るのがベストです。

どちらも長時間保存すると雑菌が繁殖する危険性が高まってしまいます。

 

刺激を感じたら使用を中止して医師に相談を

先ほども少し説明しましたが、肌がキレイな状態で美肌水を使うと必要な角質が剝がれ落ちて肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下すると外部の刺激を感じやすくなるため、美肌水を使っただけで刺激を感じるようになることがあります。

少しでも刺激を感じたら使用を中止し、それでも症状が改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。

また、美肌水を首イボのケアに使うときも同じように刺激を感じることがあります。

特に首の皮膚は薄いので、顔に使っている美肌水の濃度では刺激が強すぎる可能性があります。

 

「顔は何ともないのに首はヒリヒリする・・・

 

という場合は精製水の量を増やしてみてください。

濃度を高めても効果が高まるわけではありませんので、必ず美肌水は原液を薄めて作ってくださいね。

 

まとめ

手作り化粧水は首イボの予防・ケアにおすすめです。

首は皮膚が薄くてデリケートなので原液はしっかりと薄めてから使ってください。

なお、肌質によっては強い刺激を感じることがあります。

使用を中止しても肌の状態が改善しないときは皮膚科を受診しましょう。

とはいえ、肌に優しい成分であることは変わりないので、ぜひこの機会に作ってみてはいかがでしょうか?

 

*お手軽に首のイボを無くせる首イボ改善クリームランキングをチェックしてみよう!クリアポロンは何位?

ランキング
人気の首イボ改善クリームランキングTOP5!

首イボは美観を損ねますし、自分で触ってもザラザラしてとても気になりますね。 誰にも言えず、スカーフで首を隠して密かに悩ん ...

続きを見る

-首イボ, 成分, 尿素, グリセリン

Copyright© 【詐欺!】クリアポロンは首イボに効果ない?悪い口コミばっかりって本当なの?! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.